山口市吉南医師会

■ 吉南医師会

■会長挨拶(山口市・吉南医師会会長:西田 一也)

吉南医師会のホームページにようこそ
 吉南医師会は、旧山口市南部地区(陶、鋳銭司、名田島、秋穂二島、嘉川、佐山)と旧吉敷郡3町(小郡町、阿知須町、秋穂町)の地区にある医療機関で構成されています。つまり、現在の山口市南部地区が医療圏となります。平成26年6月21日現在、医療機関数は病院6,診療所42、健診センター1の合計49ヶ所で、吉南医師会会員数は109名です。吉南医師会は准看護学院を併設し、地元医師会の会員の協力により、これまでに1,200名を越える准看護師を育て、地域医療に貢献してきました。すでに創立60年近くになり、平成19年古くなった学院の学舎立替を計画・着工し、平成20年1月に竣工しました。これにより新たな時代の医療・看護を学ぶに十分な施設となっています。医師会の主な役割は、地域医療・保健・福祉を通して、住民の皆様の健康保持・増進に貢献することです。山口県や山口市の医療行政と協力しながら、胃がん、乳がん、大腸がん、前立腺がん、子宮がん、肺がん等の検診事業、小児や妊産婦の健診事業、麻疹やインフルエンザ等の予防接種事業、学校医や園医としての学童保健、介護認定審査会や健康教育講座への出務をはじめ特定健診・特定保健指導を行う事により、市民の皆様の身近な事業に貢献しています。また、 救急医療体制の一次救急として、休日(AM9:00〜PM6:00)、土曜夜間(PM7:00〜PM10:00)を在宅輪番制で行い、山口市休日・夜間急病診療所と合わせて、市民の皆様の急な傷や病気に対応しています。最近の医療崩壊について山口市も例外ではなく、二次救急を担当する中核病院の医師不足により、時間外では重病患者もしくは紹介患者のみの受付となっています。かかりつけの医療機関に早めの対応をお願いし、山口市の医療崩壊を市民の皆様から防いでいただきたいと希望します。また、健康・医療に関してのご質問・ご要望など、お持ちでしたら吉南医師会までお知らせください。


吉南医師会員一覧へ (平成28年6月22日現在)

■ 吉南医師会役員等一覧 (平成28年6月19日現在)
役職名
氏名
主担当会務
会長
西田 一也 会の代表・会務の総括
副会長
吉武 裕明 保険・医療保険、学校医(学校保健)、地域医療計画
岡村 均 看護学院、医業経営(労務、税制)
理事
小川 清吾 広報・会報、医師国保、診療情報・個人情報、医療安全・医事紛争、医療情報システム
増満 洋一 庶務、勤務医
河端 聡 会計(経理、予算、決算)、医業経営(労災、自賠責)
嘉村 哲郎 成人・高齢者保健、特定健診・特定保健指導、介護保険
弘中 克己 産業保健(産業医)、地域産業保健
鈴木 千衣子 生涯教育、会員福祉、妊産婦・乳幼児保健、広域予防接種
田邉 亮 救急医療、感染症対策、麻薬、臨床治験対策、医療廃棄物

■吉南医師会は、医道の高揚、医学医術の発展普及と公衆衛生の向上を図り、
 社会福祉を増進することを目的とする。


1.医道の振作高揚に関する事項
2.公衆衛生の啓発指導に関する事項
3.医療の普及充実に関する事項
4.医学の振興及び医術の向上に関する事項
5.医師の生涯研修に関する事項
6.医事衛生の調査研究に関する事項
7.医業経営の安定、会員の福祉向上による地域住民の健康及び福祉の増進に関する事項
8.医師会相互の連絡並びに調整に関する事項
9.会報の発行、その他情報伝達に関する事項
10.会員の福祉、親睦及び相互扶助に関する事項
11.社会保険医療制度の改善に関する事項
12.地域保険、産業保健及び学校保健に関する事項
13.介護保険制度、地域福祉及びその他社会福祉制度に関する事項
14.看護師・准看護師、その他医療・保健・福祉の施設事業等への従事者の養成等に関する事項
15.地域医療の推進発展に関する事項
16.その他目的達成上必要な事項
 社団法人 吉南医師会 山口県山口市小郡下郷799 電話083-972-0634 | E-Mail:kichinan@basil.ocn.ne.jp  | Privacy Policy |